準備するものが沢山あるので、なるべく早めに用意を始めておきたい保育園の入園準備

ところが、早ければ早いほど良いという訳ではありません。
フライングしすぎると、せっかくの準備が無駄になってしまうことも……。

入園準備の鉄則は「説明会を聞いてから」。
一口に保育園といっても、お昼寝布団が必要な園もあれば、バスタオルだけでokなんて園もあるのです。
また、去年までは必要だったものが、今年から必要なくなる…なんてことも、実は結構あります。

保育園の場合はとくに、園のほうも保護者が忙しいのはわかっているので、それほど無理な内容やスケジュールを示してくることはありません。
焦らず、準備の出来るものから少しずつ進めていきましょう。

保育園の入園準備はいつから始める?


基本的には、入園説明会が終わってからで間に合います

保育園の入園が決まった園児向けの説明会は、だいたい3月頃に行われる場合が多いようです。
(だいたい、入園の可否が決まるのが2月頃だったりするので…)

認可園の場合は、入園決定→説明会→入園までのスケジュールがかなりタイトですので、心の準備をしておきましょう。

ただ、保育園の場合は働いているママが多い性質上、それほど入園準備が大変ではないことが多いです。
(手作りでアレコレ作れと言われるところは少なくなっています)

特別に3月間際は忙しくてまったく準備ができない!という場合には、事情を話して早めに準備品のリストをもらうのもありです。

入園準備の進め方

「入園説明会終了後」といっても、説明会が終わった後にゼロから準備を始めると、ものすごく慌ただしいことになります。

購入・製作は最終的な案内がある入園説明会のあとにするとしても、出来る準備は進めておきましょう。

布地・ワッペンの購入

手作り品があると思われる保育園に入園を希望している場合は、早めに製作に使う布やワッペンなどを購入しておきましょう。
人気のキャラクター柄の布は、3月に近づくにつれて売り切れが目立ってきますので、少し余裕を持った長さを購入しておくと安心です。
(フラットな布地の状態なら、余ったものはいくらでも再利用できます)

手作り品の少ない園でも、キャラクターのワッペンや、ひらがなワッペンなどは使用する場面があることも。

人気キャラクターのワッペンやひらがなのワッペンなどは3月末になると売り切れが続出するので、なるべく早めに準備しておくのをオススメします。
(直前に「ひらがなの『う』がない!」と、大騒ぎする羽目になります……(実話))

ワッペンも布地も、入園準備に使わなかったとしても別の機会に使うことも出来るので、早めに購入して準備しておいてもおそらく無駄にはなりません。

日常で使うものの購入

たとえば、レインコート、カッパ、長靴、運動靴などは、入園準備に必要なかったとしても、日常的に使う可能性があります。
家族でお出かけのときに、お弁当、水筒、スプーンフォークセットも使う予定がある、という場合にはこのあたりも購入してしまっても大丈夫。

こちらも人気のキャラクターものはどんどん売り切れるので、早めに準備しておきたいグッズです。

※ただし、くれぐれも「保育園では使わなくても、日常で使うもの」限定です。
スプーン・フォークセット不要、通園時はカッパ不可、傘不可、通園は指定の靴使用など園ではまったく使わないという可能性も頭に入れておいてください。

購入予定のものをチェック&ピックアップ

必要になったらすぐ購入できるように、目星を付けておきましょう。
ネット通販なら、カートに入れて置いてもokです。

ただし、この時期どんどん売り切れが出てくるので、いざ売り切れていたときは、すばやく代わりの商品を選ぶ必要があります。

お名前シールの準備

手作り品や、個人で用意する品物が少なかったとしても、基本的に「名前付け」の作業はあります。
(保育園によっては、全て先生が書いてくれるなんて言うこともごくまれにありますが…これはかなり珍しい例です)
お名前シールを手作りするにせよ、購入するにせよ、はやめに準備しておくと後で楽です。

印刷済みのものを購入する場合、数日から数週間かかることが多いので、早めに発注しておきましょう。

着替え

保育園の場合、とにかく大量に着替えが必要になります。
高級なものは必要ないので、セールなどがあれば、とにかく安いタイミングで用意しておくことをオススメします。

ただし、フード付きのもの、女子のスカート、ジーパンなどは禁止の園もあるので避けるようにしましょう。
お着替えを選ぶポイントは、「洗濯しやすい、値段が安い、脱ぎ着がしやすい」です。

まとめ

・入園準備は説明会が終わった後から、本格的に開始します。
・といっても何もせずに説明会を待っていると、入園までがドタバタになります。
・事前にできる準備はした上で、最終的に必要なものをそろえましょう。


スポンサードリンク