入園グッズ手作りのキホン
「入園グッズを手作りしよう」と思っても、浮かんでくるのは様々な疑問。

手作りのメリット・デメリットから、実際に手作りする上で必要になる知識までをまとめてみました。
手作りを始めるまえに、ぜひ一度目を通しておいてくださいね。

必ず手作りしなければダメ?

入園グッズというと、お母さんの手作り……というイメージがあるのは確かですよね。
裁縫が苦手なママにとっては、頭痛のタネにもなりかねません。

手作りをしなければダメか否かというと、基本的には手作りにこだわる必要はありません。
園の雰囲気にもよりますが、クラスの中でも完全に母親の手作りという子は、それほどいないはずです。
どう見ても手作りのグッズを持っていても、作ったのはママではない……なんてことも。

いろいろなことを外注できる現在、無理をしてまで手作りにこだわるのはやめましょう。

ただ、園の方針として「母親が手作りすること」という指示がある場合は、少しやっかいです。
現代の幼稚園でここまでの指示がある幼稚園は珍しいと思いますが、本当に苦手な場合は、可能であればこういう幼稚園は避けましょう。
(入園準備以外でも、発表会、バザーなどでことごとく手作りを要求される可能性が高いのです)

もう決まってしまった場合は、後ほど抜け道をお教えしますので、うまくやり過ごしましょうね(笑)。

手作りのメリット

手作りのメリットはズバリ…

  • 子どもが気に入った布・柄で作れる
  • 自分のものが見分けやすい
  • サイズぴったりに作れる
  • オーダーメイドよりは安い
  • 作っているところから見せると、子どもが喜ぶ

ママの愛情が一杯こもった手作り品は、子どもも大切にしてくれそうです。
布を選ぶところから一緒に作り上げていけば、子どもにとってもいい経験ができますね。

手作りのデメリット

一方のデメリットは…

  • 既製品に比べてお金がかかる
  • 時間と手間が膨大
  • 入園前に作るので、子どもが寝ている間に作るしかなくて大変
  • 裁縫が得意でない場合は、出来上がりが既製品に比べて美しくない

もともと得意じゃないママにとっては、とにかく大変。
準備にある程度お金もかかるし、用意しなければならない道具も色々あります。

入園グッズづくりは、どれくらい大変?

ズバリ、裁縫に慣れている人にはあっという間。
慣れていない人にとっては、それなりに大変な作業になります。

裁縫初心者でもできる?

基本的には、義務教育で習った家庭科レベルの裁縫ができれば作れます。
レッスンバッグや巾着袋であれば直線縫いだけで作れるので、難しいテクニックも必要なく、初心者でも問題なく作れると思います。

そもそも縫うことが無理!という場合には、裾上げなどによく使われるボンド「裁縫上手」を利用して作ってしまうことも不可能ではありません。

ただ、スモックなどの洋服系、複雑な斜め掛けカバンなどはある程度のテクニックが必要です。
初心者が手を出すのは、あまりオススメできません。
このあたりは、既製品にワンポイント手を加える程度にしておくのが無難。

ミシンは必要?

手縫いでももちろんできないことはありませんので、まずは「本当に手作りするのか」「どこまで手作りするのか」「手縫いでできるか」を良く考えるのが先決です。

保育園の場合は、発表会の衣装などは先生が作ってくださることが多いですし、バザーなどもあまりなく、入園後はそれほど手作りの機会がない園がほとんど。
正直「どうしても手作りしたいものがある!」という強い意志をお持ちでない限り、不要ではないかなと思います。

……が、幼稚園の場合は、入園後も発表会やバザーなどで手作りの衣装やグッズを用意しなくてはならないことが頻発するので、入園準備のタイミングでミシンは一台もっておくと安心です。
(この後の小学校の入学準備でも必要になることもあります)

安いものでは一万円程度から購入できますので、その分をちくちく手縫いしている手間や時間を考えると、購入しても損はないと思います。
手縫いは、ミシン縫いに比べるとどうしても強度が落ちますし、裁縫に不慣れな人が手縫いをするとどうしても縫い目がガタガタになって、見栄えが悪くなりがちだからです。

このあたりは、予算との兼ね合いもありますので、各家庭の状況によりけりで検討してみてください。

詳しくは、入園準備グッズの手作りにオススメのミシンの選び方とランキングBEST3のページを参考にしてみてください。

作り方は? どんなものを作ればいい?

何を作るかは、幼稚園&保育園の説明会で詳しく説明されます。

幼稚園や保育園で一括購入されるもの、保護者が個人で用意するものの一覧が渡されますので、手作りするのであれば、このリストの指示に従ってということになります。

ちなみに、園で一括購入されるものでも、ワンポイントでワッペンをつけたりすそにレースをつけたりと、ちょっとしたアレンジをされるお母さんもいらっしゃいます。

デザインはどこまで凝る?

レースをつけたりワッペンをつけたり、どこまで凝ったデザインにしていいのかは、悩むところですよね。
特に女の子のスモックなどは、裾をフリフリにしたり、レースをつけたりと色々してあげたくなるものです。

ただ、気をつけなくてはいけないことが一点。
幼稚園によっては、あまり華美になるような飾りは禁止という場合もあります。
うちの幼稚園でも、スモックをデコったり、うわばきにデコパージュをしていたら先生から注意されたということがありました。

迷ったときには、現在通園している子どもたちの通園グッズを参考にしてみてください。
体験や見学などで幼稚園に入るときに置いてある持ち物をチェックさせてもらってもいいですし、登園降園時の様子をチェックしてもOK。

判断に迷った場合には、入園してからまわりの様子を見ながらプラスしていくことをオススメします。

アイテム別の作り方

使用する布は?

「キルティング生地」「オックスフォード生地」「綿ブロード生地」あたりがメジャーなところです。

レッスンバッグや上履き入れなどはキルティングでも大丈夫ですが、巾着袋などで絞る必要があるものにキルティングを使ってしまうと、園児には扱いづらくなってしまいますので要注意。

綿ローンなどでも作れなくはありませんが、ある程度の厚みのある布で作ったほうが、耐久性の面で安心です。
二枚重ねにしてもいいのですが、洗濯の時に乾きにくくてイライラするかもしれません…。

もちろん、帆布やデニムなどの厚手の生地でもおk。
ただ、あまり厚くなるとミシンで縫うのにもコツが必要になってくるので、初心者の方は気を付けて選びましょう。

どこで買える?

手芸やさんなら、大抵布はおいてあります。
ショッピングモールや大型スーパーには、手芸やさんが入っていることも多いので、チェックしてみてください。

東京近郊でしたら、蒲田のユザワヤや、新宿のオカダヤなどが布の品ぞろえが豊富です。

通販でも様々な記事が販売されています。

楽天市場「生地」取り扱い店舗

柄はどんなものを選べばいい?

子どもの好きなものが一番です。

ただ、入園前はアンパンマン全盛期だった子も、年齢が上がるにつれて戦隊ものや仮面ライダーに移ったり、プリキュアやジュエルペットなどに移ったりします。

「卒園まで絶対に使わせたい!」という思いがあれば、キャラクター物は避けたほうがいいと思います。
一般的な花柄や、電車、車など卒園まで持っていても恥ずかしくなさそうなものを選びましょう。
シンプルなデザインにして、キャラクターのワッペンだけ縫いつけてあげるのでもok。
キャラクターに飽きたらワッペンを付け替えれば済みます。

また、せっかく手作りするのであれば、すべてのグッズを同じ柄でそろえてあげるのがオススメです。
「この柄は自分のもの」と認識できると取り違えも減りますし、子どもも安心して使えます。
(とはいっても、洗い替えを作ったり、追加したりしているうちに、気が付けばバラバラ…なんていうことは、よくある話ですので、あくまでも可能な範囲で大丈夫)

やっぱり自信がない人は

確かに手作りはしてあげたい、でもやっぱり自信がない……という場合。

心配しなくても大丈夫です。
今の時代、自分で作らなくても、いくらでも手作り品を入手する手段はありますので、以下にご紹介します。

おばあちゃんに頼む

「みんな頑張って手作りしてえらいな~」と思ったら、半数以上がおばあちゃんの手作りだった……なんていうことは、よくある話です。

現役ママのお母さん世代は裁縫が得意という方も多いので、そんな場合にはどーんとお任せしちゃいましょう。
孫のためならと、喜んで作ってくれるかもしれません。

ハンドメイド品を購入

ネットショップやオークションなどでも、ハンドメイドの作品を簡単に買うことができます。

細かいサイズの指定などがなければ、ハンドメイドの暖かさはそのままにオーダーメイドよりはお安く購入できることが多いのでオススメです。

既製品に一工夫

「絶対に手作りで」という指定があるわけではないのなら、既製品にワッペンをつけたり、レースをつけたり程度でも十分オリジナルのグッズになります。
子どもの要望もとりいれながらアレンジしてあげれば、喜んで使ってくれますよ。


スポンサードリンク