「苦手だけど、なんとか頑張って手作りしてみたい!」というあなたの為に、とにかく簡単で初心者にも優しいレッスンバッグの作り方や型紙を掲載しているサイトを集めてみました。
どのサイトのレッスンバッグも、基本的にはまっすぐ縫うだけです。

ミシンがあればもちろん便利ですが、手縫いでも時間はかかるものの作ることは出来ます。
余裕を持って取り組みたいですね。

共通の注意としては、布の柄に上下がある場合、真ん中(底の部分)で縫い合わせるなど、柄が逆さまにならないように気をつけて作りましょう。
できあがったらキティちゃんが逆立ち……なんて悲しいですからね。

どの作り方でも、基本材料は布+ミシン糸+持ち手に使うテープになっています。
四角いものなので、型紙を作らなくても定規さえあれば大丈夫。
必要なグッズとしては、針、糸(あればミシン)、定規、チャコペンシル、はさみという感じ。
昔の学生時代のお裁縫箱が残っていれば、それだけで行けます。

ファイト~!

入学準備に最適なミシンの記事も参考にしてみてくださいね。

初心者向けレッスンバッグの作り方

レッスンバッグを作成するには、「キルティング生地」「オックスフォード生地」「綿ブロード生地」あたりがオススメ。
帆布などの生地も使えなくはないですが、縫うのが大変ですのでやや上級者向き。

汚れを気にしてビニールコーティングされている生地を選ぶ方が時々いますが、縫いにくい&子どもはレッスンバッグを引きずるので傷がつく&洗濯がしにくいのでオススメしません。

マチ、裏地なし、キルティング地でまっすぐ縫うだけ

※こちらのサイトには、他にも多種多様なレッスンバッグの作り方が掲載されていますので、自分のレベルで出来そうな難易度のものに挑戦してみてください。

この「レッスンバッグa」は、キルティングの四角い布地をまっすぐ縫うだけです。
ちょっと難しいのは、持ち手のテープをつけるときくらい。
裁ち目かがりは、ミシンがあったほうが便利ですが、手縫いでも可能です(時間はかかりますが…)。
→かがり縫いの仕方[All About]
http://allabout.co.jp/gm/gc/31915/

マチ、裏地なしミシン初心者向け


写真多めで、ちょっとしたアドバイスもあって分かりやすいです。

ミシン初心者の方にオススメ。

マチ、裏地なし、切り替えなし、初心者向け

ひたすらまっすぐ縫うだけ。
こちらもミシンがあると便利ですが、頑張れば手縫いでも行けます。

マチあり、裏地なし初心者向け、サイズ指定対応

できあがりサイズにプラスする断裁方法も掲載されていますので、園指定のサイズがある場合に助かります。

ショルダータイプ・フタつき、マチあり、裏地あり

ショルダータイプ。ちょっと難易度は上がりますが、細かく作り方が書かれているので、この通りにやれば完成するハズ。
かなり本格的なものが出来上がります。

裏地付きレッスンバッグの作り方[動画]

「説明読んでもわからん!」という方にオススメな、動画でわかるレッスンバッグの作り方。
かなりわかりやすいです。

やっぱり無理そう……というあなたには

どうしても手作りじゃなくてはいけないということはありません!
手作りっぽくセミオーダー出来るお店も、既製品っぽさがあまりないおしゃれなレッスンバッグも売っていますので、ぜひ検討してみてくださいね。

作らなくても手作り風のレッスンバッグをGETするなら……↓